一人の理容師の人生を語った「自分史」です。「ヘアーサロン加納」

ある女性との出会い2

ある女性との出会い > ある女性との出会い2

ある女性との出会い2

 その後、一生懸命に五科目の授業を受けました。法規は短かったのですが、施行規則や施行細則迄も全部暗記しましたし、生理衛生も割と医学関係も得意分野でしたので消化器・循環器・呼吸器・排泄器等は勿論血液の役目、其れに伴う呼吸器からの酸素の役目(酸化ヘモロクミン)等を覚えたり必要も無い様な骨の種類や神経の方も可なり熟知して居ました。

 又電気関係もオームの法則や電流・電圧・アンペアルックス等も詳しく、計算等も学校で習って居たので此れも優しく、後は消毒も普通我々が使う理髪器具はクレゾールが主でしたし、当時は30パーセントの割りだと思います。

 又タオルの様な物はスチーム消毒で一時間位蒸す、刈布や剃り布は洗濯をしてアイロン掛けをしておけば良いし、後からは紫外線の消毒容器も出て来ました。

 理容器具の名称や部品の名前等も完全に覚えて居ましたので余り難しい科目は有りませんでした。生意気の様ですが私にとって理容の勉強は大して難しいものは有りませんでした。

 其の頃も、まだ矢張り静枝さん・幸子さんとは相変わらず付き合っていましたが、二人きりの時間は少なく成りました。私は矢張り静枝さんの方が好きでしたが、只の一度も「好きです」と言った事も無く手を握った事も有りませんでした。当時は同じ年の人との恋愛や結婚は殆ど無く、又静枝さんとはその様な話は一度もした事は有りませんでした。或いは私の勝手な片思いだったのかも知れません。

 幸子さんとも付き合う様に成ってから、何時もの様に金子理容所に講習を受けに行く時バス乗り場で静枝さんに会えなく幸子さんが母恋から乗りこみ(彼女は母恋の下出理髪店で住み込みで働いていた)彼女と一緒に金子さんの店に行きましたが、丁度店の外に金子さんの奥さんが立って居て私達を見て「あら加納さん今日は本妻さんは来ないの?」と聞かれ一寸照れたのと幸子さんに悪い事を聞かれたなと思いましたが彼女は平然としていました。

 又別の日、静枝さんと一緒に金子さんの店に行きましたら奥さんに「今日は、本妻さんですね加納さん此方の方がお似合いだよ」と言われ、私はとても嬉く照れて顔が赤くなりましたが、彼女がどの様な反応をするか心配でしたが彼女は知らん振りでした。

 川村君にも「加納、お前静枝さんが好きなのだろう何なら俺が言ってやろうか」と何度も言われた事が有りましたがもしその様な言を彼女に云って嫌われる事が恐ろしく「辞めてくれ!もし時間が来れば自分の口から云うから」と断りました。

 有る時、金子先生の奥さんに「映画の切符が二枚有るので偶には二人で映画にでも行って来たら」と静枝さんと私に、輪西に有る映画館の切符をくれました。

 其れで二人で映画館に入ったのですが満員で座る席が無く後ろで映画を見て居たのですがやがて終わりに近づくにつれ、前席の人達が席を立ったので私は席を二人分取らなくてはと思い持っていた荷物を二席に置いて先に座り、此処においでと合図を送ったのですが彼女は動こうともせず、逆に私に此方においでと合図を送って来ましたので席を立ち、彼女の傍に行きますと「この映画(イタリア映画で自転車泥棒)は面白く無さそうだから帰ろう」と言われ仕方無く映画館の外に出ました。

 私は微妙な女心が分からない為席を取るのに強引に荷物を置いて割り込んだのが気に障ったのかと思い顔が赤く成る様な気がしました。金子先生の奥さんは我々二人が愛し合って居ると思い応援して呉れていた のでしよう・・・・。

 私が彼女を思って居た事は事実ですが、彼女の方は只の男友達としか感じて居なかったのかも知れません。その後、実技の講習会が有り女性の顔剃りが有りましたがその時のモデルが静枝さんで講習を受ける技術者が私と云う事が有りました。

 彼女の肌を直に触るのも初めてでしかも皆が見ている処で指導されるのですから恥ずかしいやら彼女の肌に触れる事の緊張やらで、身体中膠着するし手はカチカチに固まるしで、全く度の様にして顔そりをしたのか覚えて居ませんでした。

 でも廻りからは「加納さんは経験豊富だから矢張り上手ですね」と褒められましたが、私はそれどころではなく手も震えていたと思いましたが、辺りには判らなかった様で一安心しました。でも恐らく彼女には私が緊張して居たのも手が震えていたのも分かったとおもいます。

 私も一応彼女に「痛く無かったかい?」と尋ねましたら「うん。たいして痛くは無かったけれど少しカが入ったかも知れないね」と云ってくれました。

 其の後、国家資格に向けての講習は、保健所で行うことになり、それに伴い皆も勉強や練習やらで忙しくなり、彼女達と話す機会は少なく成って来ました。

ある女性との出会い2 > 静刃と動刃

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional