一人の理容師の人生を語った「自分史」です。「ヘアーサロン加納」

中村君の結婚

本店を二階建てにする > 中村くんの結婚

スミ子の弟

 その頃、スミ子の弟の徳美さんも私の家に同居する様になりました。又そんな折に、スミ子の直ぐ上の兄、芳幸さんも濃昼の網元木村原作さんの紹介で、司屋さんを経営している人の親戚に当たる娘さんとお見合いをし、結婚をすることになりました。又結納も小樽の寿司屋さんで行われました。この結納の儀式にも立ち合いましたし、結婚式では司会者も勤めさせて戴きました。

 又私達の店では、徳美さんが何時の間にか知らない内に愛ちゃんと仲良くなって居たようでしたが、徳美さんに別に好きな人が出来たらしく、別れ話になり愛ちゃんは私達に「監督不行届きの為、この様な結果になったので貴方達にも責任があります」と叱られ、結局愛ちゃんは、時ちゃんとは同時に店を辞めました。

 徳美さんもそのうちに付き合っていた同じ会社の人(亮子さん)と結婚する事に成り、私の家を出ました。そして、徳美さんが家を出た後に、今度は妹の敏子さんが私達の家に住む様に成りました。

中村君の結婚

 そのような事件以前に、スミ子が働いていた会社の同僚と、支店の中村君を紹介した所、その後お付き合いを始めて結局お互いに気が合い、結婚する享に成りました。

 始めは私達に「仲人をして欲しい」頼まれましたが、スミ子が頑として嫌だと申しますので、お断りをする事にしました。結局中村君達は他の人を仲入に頼み、私は挨拶だけで済む事になり安心致しました。

 何せスミ子は根はきつい確りした性格なのですが、人前で話をしたり、人の先に立って物事をすることは大嫌いな人でした。それも浜育ちだからなのか仕方が有りません。中村君はその後、一時本店に勤務を致しましたが、山崎君が辞めたため、又支店に勤務になり、支店長をして貰う事にしました。

 今思えば、この頃が私の人生の中で一番充実していた良い時だったのかも知れません。

中村くんの結婚 > スミ子の父他界

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional