一人の理容師の人生を語った「自分史」です。「ヘアーサロン加納」

台風十五号と洞爺丸事故

一軒目の就職先 > 台風十五号と洞爺丸事故

台風十五号と洞爺丸事故

 この年(昭和二十九年二十歳の時)の秋、忘れもしない台風十五号が発生し、洞爺丸の遭難事故があったのです。お店は早めの六時に閉店してくれ家に帰って来たのですが、途中狸小路を通っても不気味な生暖かい風が吹き、不吉な予感を感じさせておりました。

 家では調度、火曜日でお店は定休日、兄は映画に出掛けて留守をしており兄嫁はやきもきしていました。兄が帰ってくるまで窓にはベニヤ板を張付けたり、入り口も皆塞いでおきましたが、夜中になると益々風は激しくなるばかり、屋根は二・三回煽られると埃が山の様に落ちて来ました。

 次の日(昭和二十九年九月二十六日)、会仕に行き、始めて洞爺丸の遭難事故*を知りました。何百人も亡くなったと聞かされ、本当に恐ろしい事故だったのだとつくずく思い知らされました。

*洞爺丸事故(とうやまるじこ)は、1954年(昭和29年)9月26日に青函航路で起こった、国鉄の青函連絡船(洞爺丸)の海難事故である。死者・行方不明者あわせて1155人に及ぶ、日本海難史上最大の惨事となった。後に台風15号マリー台風は、「洞爺丸台風」と呼ばれた。「今、洞爺丸事件を思う。」

 その後、暫く見えなかったお客さんが大変痩せられて来られ、その船に載って居て事故に遭遇されたと聞きその時の様子を聞かされました。始めの頃は、皆落ついていたが、浸水が始まり船が傾き始めると、他人の事など構っては居られる状態ではなく、我先に他人を掻き分け踏みつけてでも外へ出ようと必死で死ぬ思いで外洋へ飛び出たそうです。

 其の後、気が付いたときは板切れにしがみ付いていたそうです。其の後は、海岸に打ち上げられていた事、次は遺体と一緒にトラックに積まれていた事、そして最後に気が付いたのは札幌の病院でベットの上に横に成って寝ていたそうです。

 その様な出来事が有った性か、以前からも感じては居ましたが私が札幌に出て来てからは特に兄嫁は兄貴よりも私を頼るように成りました。何かに付け私の肩を持ち、御飯のおかずも兄より良い物が付く様に成りました。彼女にとっては私に捨てられたくないと言う気持ちが強かったのでしよう・・・・。

 私は札幌にきた頃は室蘭が恋しく、夏は泳ぎがしたくて堪らなくなり、仕方無くプール(北大の敷地にしか無かった)で泳いだのですががやはり物足りなく海(銭函)へ行こうと思い満員列車に揺られながら漸く着いて見れば汚い海でがっかり、蘭島まで行って漸く海に来たなと言う実感を味わいました。

 冬は雪の多いのにびっくり、雪投げ・屋根の雪下ろし等大変でした。又お正月は室蘭に帰るのが楽しみで、十二月三十一日暮れの仕事が終ると軽く皆で「一年間ご苦労さん」と言う事で一杯飲み、狸小路から酔っ払ったまま歩いて元旦の初詣でに行きました。その後、一番の列車に乗り苫小牧近く迄寝ながら室蘭に帰ったものです。

 家では母が「大晦目には帰れないよ」と毎年言っているのに必ず待って居り、羊羹・落雁(ラクガン:米・麦・大豆・小豆やソバの実などを粉にして煎り、砂糖・水飴などを混ぜ、型に入れて抜き固めたもの。)等の甘い物を用意して待って居ました。室蘭に帰っても家にいるのはほんの少しの時間で、後は友達の所に行くのがほとんとでした。

 夏(お盆)も必ず帰っておりましたがやはり友達と逢う事が目的でした。(梅村君、対島さん、静枝さん、隆君、千万ちゃん等)又兄の店が有った近くの理髪店(宮腰さんや山本さん・柴田さん)の所によって札幌の技術やお店の状況を自慢げに報告したり、太陽に来ていた外人のお客さん(まだ多数の駐留軍が残っておりました。)より戴頂した外国の煙草を上げたりしました。

 当時そのお店では、日本人のお客さんは百七十円、外人は三百五十円を頂いていたのですが外人さんはその他に必ずチップを置いてくれました。(最低でも五十円、多い人では将校の人で千円も置いてくれた人もいました。)その他にも、ほとんどの外人さんが煙草をくれたものです。

 この為、前にも書きましたように、私が頂いた給料は全部家に入れても小遣いには不自由せず、パチンコや映画を見るのに事欠きませんでした。映画館はロードショーを見せる一番高い所でも百七十円で、次が封切り館の百二十円、二流館は八十円、三流館で五十円で観ることができました。

 その後、太陽商事は理容部は忙しかったのですが、商事部が赤字だったらしく、私が入ってから丁度一年目に倒産いたしました。残念ながら私が働いていたお店もたたんでしまいました。その店では色々な体験をさせ頂いたので、私の人生には大きな参考になったと今も思って居ります。

台風十五号と洞爺丸事故 > 二軒目の就職先

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional